僕の日記

H田君ごめんなさい。

 暑さのせいなのか年のせいなのか付き合い過多のせいなのか
体調不良がなかなか戻らず今日一緒に飲みに行く約束してたH田君に
ドタキャンしてしまった・・・・

暑さと年はどうにもならないとして、付き合い過多は少し改善すべき
余地があるかもしれない。

前にも書いたが基本的に貧乏性である。

私の貧乏性はいわば

「木を見て森を見ず」

である。わかるようなわからんような例えですな。
そして使い方微妙に間違ってるかもしれんですな・・・

この付き合い過多も

「人がいいからことわれない」

といったら聞こえは良いのだがどうも

「もったいない」

って意識が勝っているような感じである。一人ですることは時間に
制約はないが二人以上で行うイベントにはそれぞれの都合と言う
時間の制約がありそれは人数が多くなればなるほど大きくなる。

また、そのイベントに専門性が絡んでくるとその専門性をクリア
できる人間に限られ、その限られた人間の中での時間の制約と
なるのでもう一つ大きくなる。

具体的に言うと、野球。楽しむ為には自分と野球において
同等以上の人間が少なくとも18人いるのである。
インディアカも同じである。インディアカは最低8人であるが
その分野球より競技人口が少ない。
そしてグラウンドや体育館といった会場のセッティング。

これだけのことが同日同時間に段取りできたのを断るのって
すごくもったいないことではないだろうか?

気の置けない仲間たちとの飲み会。その人たち(しかも楽しい酒を
飲める人)とでなければ語れない熱い、専門的な話ができ、価値観の
合う仲間は貴重でありお互い仕事や家庭や他の付き合いのある中、
同じ時間を作ることができた時に断るのってすごくもったいない
ことではないだろうか?

 

なんて考えてたら(あんまりこうやって改めて考えませんが・・・)
重なってしまっても、直前に決まっても全部行きたいとついつい
無理を重ねて今日みたいな前から約束している貴重な人との
約束をキャンセルしてしまう結果となるのである。

これを機に自分のスタンスともいえる「森」についてもう少し
きちんと考えてみようと思う。

というわけでH田君、重ね重ね今日は申し訳ありませんでした。
体調整ったら改めて誘わせていただきます。

 

ものすごく長い言い訳ですな・・・・

deizi2 (2).JPG

今日も白目むいて寝てたので

「あほたれが」

と思いながら写真撮ろうと思ったら睨まれました・・・

One Response to H田君ごめんなさい。

( required )