旧どんな会社?どんな人?

旧ホームページ作成時に書いた案内文3つと事務所移転時に書いた案内文1通を掲載しています。

青臭い文章ですが(今もですがね・・・)温かい目で読んでやってください。(苦笑)

 

こんにちは。私が有限会社まいすぺーす代表取締役の松本 信一(32)です。

この業界に入ったのは平成2年4月、ちょうど高松でのバブルの絶頂期だったように 思います。

不動産のイロハもわからなかった21歳の私は華やかな別世界にただただ圧倒されるばかりでした。

仕事を覚えた頃にバブル崩壊、以後年々景気は加速度的に後退していきます。

 

ついに拓銀の倒産等先行きの不安感がピークに達した平成9年4月に独立し、現在に至ってます。

こうやって振り返るとあまりのタイミングの悪さにかなり私の顔も間が抜けて見える事でしょう。(笑)

しかしバブルが崩壊し、景気が急速に下降していく厳しい時代の中で仕事をおぼえ、数字をあげ、

本格的な不況に足を踏み入れた時代に独立して今日までこの仕事を継続出来ていることは

私の中での大きな財産です。

 

「私のやり方、考え方、まだまだ発展途上だがまちがってはない。」

 

と思えるようになったからです。

こうやって振り返ると私の顔もまんざらでもないような気がするのは気のせいでしょうか?

 

平成13年3月7日著

 

 


旧事務所


私の会社事務所の写真です。
見ての通りごく普通の一戸建に小さな 看板を取り付けてるだけで、
その上前面道路は2mくらい、来てもらった方の車も非常に止めにくく、
まるでお客さんを拒否しているかのような立地です。(笑)
何でわざわざそんなところでやってるの?と言う問いが聞こえてきそうです。

理由は簡単、もともと住んでいた所ををそのまま使ってる為、お金がかからないからです。
お金を使えば当然それだけ儲けなければななりません。
私の仕事の原点は
「自分が納得できる仕事を続けていればそれに見合う報酬は付いてくる。」
という考えです。
儲けなければならない。」
では本末転倒、かさむ経費の為に「ノルマ」を課したのでは お客さんに
「良いものは良い、悪いものは悪い」
と言えなくなり自分自身に付いてる嘘に納得できなくなる気がします。

その為に儲けなくても生きていけるよう極力経費を削った結果がこの事務所なのです。(笑)
やっぱり「儲ける為の仕事」より「納得できる仕事」のほうがいいですよねぇ。
旧紹介文いくみ.jpg

(平成13年3月24日12:30生見)

 

年末年始と決算月(2月)前後を除けばだいたい週1で

愛車フィアットパンダを走らせ 波乗りに海へ通ってます。

海と言っても波が立たなくてはならないので太平洋の方まで足を伸ばしてます。

片道3時間強、あんたも物好きですなぁとか自分でよく思います。

 

しかし海に入ってそれぞれの季節の風を感じ、彼方からやってくる来る波をぼーっと 待ってたり、

心地よい疲れを感じながら一緒に行った友人と今日の波の事や最近のばか話、時には人生論を

語りながらの帰路の車中はそれだけの時間を浪費するに値してるように 思えます。

気のおけない友人と酒を酌み交わす、息子と歩いて当てのない散歩に出かける、鼻歌を歌いながら

ギターを弾く、本を読む、昼寝をする・・・

 

仕事で味わう達成感、感謝される喜びを味わう為の前向きなエネルギーの源は案外 こんな

まったりとしたプライベートがあるからかもしれません。

逆にプライベートをまったりと 満喫できるのは喜びを味わえる仕事を続けられているからかも

しれません。そう思うと素直に私に関わってくれている全ての人々に感謝の念で一杯になります。

これからもがんばりすぎないようにがんばってみようと思いますので

皆さんどうか よろしくお願いします。

 

 

新事務所HP用

 

私の会社事務所の写真です。

ようやく引越しと移転手続きが終わったので本ページの写真とコメントを更新しています。

旧事務所の写真とコメントは上です。

 

さて、独立してから7年弱を旧事務所と共に過ごしてきました。

旧事務所のコメントにも書いていますが、とにかく 自分が納得できる仕事を続けていればそれに

見合う報酬は付いてくる、「儲けなければならない。」では本末転倒、かさむ経費の為に

「ノルマ」を課し、 お客さんに「良いものは良い、悪いものは悪い」と言えなくなるようなことはしたくない。

 

ということを一貫して想い続けてきた7年弱、少しずつ、ほんとに薄紙を1枚ずつ

重ねていくがごとくですが確実に想いに近づいている気がします。

そのわずかな積み重ねですが少し周りを見ることができるようになってきました。

 

その結果「より高いレベルで納得できる仕事を続けていきたい。」と想えるようになりその為に

必要なお金を出し惜しむことにより高いレベルの納得行く仕事ができなくなるほうが

お客さんへの背信だと考えるようになりました。

 

その考えの一環が この事務所です。わかりやすく来やすいところ、いろいろな意味でそこを

考え尽くし今回の移転となりました。

ただ体裁を整えたり飾りたて自分を良く見せたり自己満足を得るために使うお金は

論外ですが事務所の他にも、専門知識を深める講習、書籍、きめ細やかな情報を発信するための

設備の為に使うお金については積極的に投資していこうと考え始めている今日この頃です。

 

こうやって3年前に書いたものを確認しながら書いていると、お客さんの満足と自分が納得できる

仕事の追求を続け、3年前より少し深く考えられている自分を発見でき、

嬉しい気分に浸ってしまいました。(笑)

 

しかしやっとスタートです。自分の納得できる仕事に完成はありません。これからも振り返るたびに

嬉しい気分に浸れるよう日々精進し続けて行きたいと考えてますので

今後ともどうかよろしくお願い致します。

( required )